みづきちゃんのパパ ~システムエンジニアによる子育て・育児ブログ~

みづきちゃんのパパによる子育て・育児の家庭版です。

雨の日でも楽しめる室内遊び場 ボーネルンドあそびのせかい(キドキド)

f:id:midukichannopapa:20190314013911j:plain

HPより引用

 小さい子どもから12歳まで1日遊べる室内遊び場です。
先日、親戚家族と子どもを連れてボーネルンドあそびのせかい(キドキド)プライムツリー赤池店に行ってきました。
うちの子と親戚の子の二人で走り回り、一緒に物作りをして、1日楽しむことができました。
今回は、フリータイムで入りましたが、またまた「「もっと遊びたい」と帰るのに苦労しました。この手の遊びをすると必ず帰りたくないと駄々をこねます。
前回のブログで書いているキッズランドと異なるところもあり、そのあたりをご紹介させていただきます。

 

www.midukichannopapa.com

 

 

 

ボーネルンドあそびのせかい(キドキド)


 特徴としては、遊べるおもちゃが大変多かったです。ボーネルンドと共同運営のため、ボーネルンドのおもちゃが使いたい放題でした。
知育道具が多く、子どもの成長に力を入れている印象を受けました。
「キッズランド」に比べると親にとってはあまり優しくない感じです。子どもは「キドキド」のほうが楽しいと思います。
出入口近くには、赤ちゃんルーム、子どもトイレもあり、おむつ替えと授乳も可能でした。プライムツリー赤池店は近くに赤ちゃん本舗もあったので
おむつなど準備を忘れた際はすぐに買いに行けます。ただ、フリーパス利用以外は再入場が出来ません。トイレのみ可能です。
また、施設内でのご飯、お菓子が禁止ですし、荷物を置く机もありませんでした。
今回、愛知県に行く予定があり、遊びに行きました。関西県内にもいくつもあるのでぜひ調べてみてください。

kidokid.bornelund.co.jp

 

遊べる・体験できること

 キドキドは、「ベビーガーデン」「ディスカバリータウン」「アクティブオーシャン」の3つのコンセプトがありました。

 

「ベビーガーデン」年齢制限があるので安心して子どもを遊べる

・ボールプール
・ぬいぐるみ
・クッション
・知育道具

f:id:midukichannopapa:20190314013840j:plain

 

「ディスカバリータウン」知育おもちゃ空間

・磁石のおもちゃ
・ギアのおもちゃ
・コスプレ
・木とボールのおもちゃ
・飯事おもちゃ
・組み立て
など

f:id:midukichannopapa:20190314013914j:plain

 

「アクティブオーシャン」体を動かす空間

・巨大遊具
・エアトラック
・サイバーホール
・ボールプール
・クライミングウォール

f:id:midukichannopapa:20190314013838j:plain

f:id:midukichannopapa:20190314013920j:plain

 

 ボーネルンドのおもちゃが多く、夢中になって物作りをしてました。また、一番に目に入るのが、木の巨大遊具と巨大エアトラックです。
残念のが大人向けのおもちゃや遊びは一切ありませんでした。保護者は椅子に座るか子どもの近くで一緒に遊ぶだけです。

 

料金

 会員制ではありません。時間利用とフリーパス利用があります。ただし、フリーパスは平日限定で店舗よって休日のフリーパスがある形式でした。10分毎に100円加算はいたいですね。
大きく異なるのは、フリーパス利用は、キドキドの出入り(再入場)が自由な点です。時間利用の場合、基本トイレ休憩のみ出入り(再入場)可能です。
細かい料金はホームページを確認ください。

キドキドのご利用料金 - 子供の室内遊び場「キドキド」

 

ボーネルンドあそびのせかい(キドキド)をより楽しむためのアドバイス

①フリーパスで遊ぼう

 キッズランドとは異なり、店内でのご飯が禁止です。また、再入場も時間利用の場合、トイレのみです。ごはん食べたり、お菓子を食べたりが一切できませんので、子どもの長期遊び目的の場合は、フリーパスを利用しましょう。
 店舗内に休憩スペースと自動販売機があり、飲み物を取ることはできようになっております。もちろん、持ち込みの飲み物も休憩スペースであれば、問題ありません。店舗内にロッカーもありますので荷物もそこに預けて遊ぶことができます。

  店舗によっては休日のフリーパスがありませんので店舗に確認する方がいいですね。


②ポイントカードを作成しよう

 一回のみ利用ということであれば必要ありませんが、1年に何回も利用予定の場合は、ポイントカードは作っておいて損はありません。

判断基準として、1年間で子ども20人の利用です。 
入会金 100円 1年で更新料 100円 の費用がかかります。
キドキドへのご入場(お子様1人)ごとに100ポイント、ご延長10分ごとに10ポイントたまります。2000ポイントで子ども30分利用と3名まで無料利用が行えます。
 ママ友とよく行く、兄弟がいるなどで子どもの利用が多い場合に作成しておくと1つのポイントカードに集約することで効率よくポイントをためることができます。


③プレイリーダーを捕まえよう

 プレイリーダーとは遊び場に数人施設の従業員がおり、子どもの安全を確保しながら、子どもと一緒に遊んでくれます。私が遊びにいったときは、年配のご両親やおじいちゃん、おばあちゃんと入場している子どももいたので、子どもがプレイリーダーと遊んでいる様子が多くありました。ご両親とおじいちゃん、おばあちゃんは椅子に座りながら様子見ている感じでした。疲れているときに休みたいと思ったらプレイリーダーを頼ろうと思いました。
※プレイリーダーがいるからといって、子どもだけでの入場はできませんのでご注意ください。


④大人は物作りかエアトラック

 ボーネルンドのおもちゃなので、大人も本気で考えながら作るとかなり面白いと思います。私もちゃっかり子どもと一緒に作って、子どもから「すごーい」をいただきました。

 巨大エアトラックは、大人が跳ねて遊んでもOKなくらい大きいものです。飛んで跳ねて子どもと勝負するのもいいのではないでしょうか。ただ、混んでくると子どもでいっぱいになり、大人が飛ぶと近くの子どもがこけてしまうので空いているときを狙ってください。

 

まとめ

 雨の日でも気にせず子どもと遊べる場所がまた1つ増えました。買い物をする場所に併設しているところが多いので、お父さんは子どもと遊び場、おかあさんは買い物と役割分担して遊びに行かれていかがでしょうか。
また、ボーネルンドのおもちゃを検討中の方は30分でも遊び場でおもちゃの体験をして子どもが気に入ってから購入されるのもいいかと思います。
大人優先ではなく、子ども優先で遊び場を選ぶのであれば、「キドキド」>「キッズランド」です。

 「子どもが楽しめる場所」という印象でしたので、子どもに色々なものを考えて、挑戦して、成長できる時間になると思います。ぜひ一度、お伺いしてみてください。

 

 

また、楽しいところ、面白いところがあればご紹介させていただきます。
子育てでの体験談や家庭の知恵袋も発信出来るように努力していきますのでお気に入りに登録してください。

 

みづきちゃんのパパ